マーベルの新作にケンドリック・ラマー?『ブラックパンサー』に期待

ケンドリック・ラマーがマーベルの新作映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックをプロデュースするというニュースが出ました。

ケンドリック・ラマー、映画「ブラックパンサー」のサウンドトラックアルバムをプロデュース

 

これはHIPHOP好きとしては、かなり嬉しく、そして驚く出来事です。

ケンドリック・ラマーってどんな人?『ブラックパンサー』っておもしろい?

気になるところが多いでしょう。今回簡単にまとめてみましたので、ぜひ鑑賞前にチェックしておきましょう!


国王とヒーロー・・・2つの顔をもつ男。 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へつながる重要作がついにベールを脱ぐ! マーベル史上最も謎を秘めた新キャラクター<ブラックパンサー>が登場!

超文明国の若き国王。そしてもうひとつの顔は、鋭い爪と漆黒の戦闘スーツに身をつつんだヒーロー。 彼は、この国がもつ世界を揺るがす秘密を守る使命を背負っていた。 この国の秘密が明らかになるとき、《アベンジャーズ》に最大の危機がおとずれる。

『ブラックパンサー』2018年3月1日(木)全国ロードショー http://marvel-japan.jp/blackpanther

マーベルと言えば、言わずも知れているアメコミ系の超有名出版社です。『スパイダーマン』や『アイアンマン』など、一度は見たことのある映画を世に送り出した張本人ですね。

その新作映画が上記の『ブラックパンサー』、国王とヒーローの二面性を持つ主人公はどんなストーリーを見せてくれるのでしょうか?

ケンドリック・ラマーって誰?

ケンドリック・ラマーとはアメリカのラッパーで、トータルセールスは100万枚を超え、プラチナムディスクに認定されるほど実力のある方です。

テイラー・スウィフトと共演した「バッド・ブラッド」では、MTVのビデオミュージックアワード最優秀ビデオ賞を受賞したり、グラミー賞の最優秀ラップアルバムなどの5部門を受賞するなど、今大活躍中のアーティストです。

そんな各メディアから絶賛を受けているケンドリック・ラマー、とうとう映画のサウンドトラックをプロデュース、これでまたファンが一気に増えることでしょう。

なぜマーベル映画に?

 

ケンドリック・ラマーが映画の音楽を担当をするのは初めてのことです。そのため、余計に期待は高まります。

今回、先にオファーを出したのは、『ブラックパンサー』の監督のようです。ケンドリック・ラマーのアーティストとしてのテーマと、映画で掘り下げられるテーマが共通しているとコメントしております。

ケンドリック・ラマーはこのオファーに対して好意的で、

「『ブラックパンサー』はキャストから監督に至るまで素晴らしい。サウンドを作ることに関する自分の知識で本作に貢献し、ライアンとマーベルのビジョンと協力して作曲することができ、本当に光栄に思っています」

とコメントしています。

マーベル新作『ブラックパンサー』の監督、ライアン・クーグラーのこの選択はきっと大成功を呼び起こすことになりそうですね。


 

2018年3月1日に公開される『ブラックパンサー』。

マーベルの新作という見方だけでなく、ぜひ音楽にも注目したいものです。

今年も映画がおもしろい年になりそうです。もう待ちきれません!!(笑)




その他に読まれている記事