VR映画興行開始?東映がVAIO&クラフターと世界初の試み!

あの東映がなんと、VAIO&クラフターと協力してVR映画を映画館でおこなうそうです。
VR映画ってどうなるの?と気になるところはありますが、実体はまだわからないようです。

映画.comさんのニュースでは、2018年の3月からの予定とのことですが、上映されるコンテンツなどの詳細は2018年2月には明かされるようですね。

多人数同時鑑賞が可能な映画館での本格的VR映画の興行は、世界初の試み。2018年3月(予定)から試験営業を開始し、その後恒常的な興行を目指す。これにあわせ、コンテンツ制作者や公開劇場を広く募り、VRコンテンツ制作を望むクリエイターや映像プロダクションにとっての新たなコンテンツ制作の機会創出につなげていくとしている。

(引用:世界初!東映がVAIO&クラフターとVR映画興行を開始)

いったいどうなっていくのでしょうか?

以前、アメリカのパラマウント・ピクチャーズが『トップガン』のVR映画館を発表しておりましたが、そのときはVRでまるで映画館で見ているかのように感じれるというものでした。

しかし、今回はVR映画。主人公たちがいる世界の中に飛び込めるわけです!これにが実現したら、4Dを越えた映画の楽しみ方ができるのではないでしょうか?

ちなみに『トップガン』のVR映画館の詳細はこのようなもの。

ヘッドセットを装着するだけで、あたかも本当に映画館で鑑賞しているかのような臨場感が味わえるというもの。劇場で映画を見る時と同様に、好きな座席を選べるだけでなく、シアター内には観客のアバターも居るので、映画が始まるまでの時間、周りの“観客”たちとおしゃべりを楽しむことも可能。おまけに映画館ならではのお楽しみの1つである本編前の予告編までついているというから驚きだ。

(引用:米パラマウント、VR映画館をローンチ 「トップガン」が3Dで視聴できる)

これの発表でさえ驚きなのに、今回の発表はもっと驚きですよね(笑)

映画産業の新たなプラットフォームになれるのか、将来が楽しみなVR映画事業です。

2018年はおもしろくなりそうです!今後の東映さんの活躍に期待です!




その他に読まれている記事